• 出来事 金, 2月 7, 2014 コメントは受け付けていません。

    妊娠してから、若干ではあるものの、食生活には気を使うようになった私。今までは好きなものを好きなだけ食べて、平日になるべく運動するようにしているからいいか!なんて思って浴びるようにお酒も飲んでいたけれど・・・でも、さすがに妊娠してからもそういった生活を続けるわけにもいかずに・・・なるべく健康的な食事をするように心がけていました。

    で、その中でも最初から取り組んでいたのが玄米食。どういった効果があるのかは全く分からずに・・・でも、玄米って体にいいよね??くらいで始めたのですが、その効果は毛校凄くて、玄米は白米よりも食物繊維だけではなくて、ビタミン、ミネラルも豊富なんだとか。また、人間が健康を保つために必要とされる栄養をのほとんどを接種できるため、完全栄養食とも言われる位に凄いものなんだとか。また、自然の食材をできるだけそのままの姿で取り入れるマクロビの理論という物でも、玄米の栄養価の高さが取り上げられているらしく・・・最近では確かにファミレスとかでも見る機会は多くなって来ましたよね。

    その中でも特に注目されているのは解毒作用らしくて、胚芽の部分に含まれているフチン酸が、体をクレンジングしてデトックスしてくれる働きがあるのだとか。生活するうえで知らないうちに取り込まれている環境ホルモン、農薬や水銀と言った毒を対外にも排出してくれるようなので、現代人には本当にいい食べ物なのかもしれないですよね・・・。というか、そもそもその環境ホルモンという物の存在を私は知らなかったのですが・・・。

    でも、食物繊維が多いというのはよく聞く話ですよね。白米の数倍以上とも言われているので、苦手でない人は積極的に食べたい食品ですよね!なんでも、玄米に含まれる食物繊維は何だかちょっと特殊らしく、腸内のぜんどう運動を促してくれるらしいので、便秘を解消してくれるのだとか・・・ちょっと難しいので、私にはよく分からないのですが・・(笑)とにかく、玄米を食べよう!という事ですね!

  • 出来事 水, 2月 5, 2014 コメントは受け付けていません。

    最近また玄米食を復活させた私・・・。妊娠してから約1年間くらいは食べ続けていたものの、最近玄米を切らしてしまってからそこからなんとなくやめてしまっていて・・・でも、健康に加えて美容にもいいし、また今年からは復活させようと思っているのですが・・・特に女性には本当にこの玄米はオススメ!食物繊維が豊富な事で知られている玄米は、便秘解消にもいいし!

    しかも、痩せるという話もよく聞きませんか??玄米は繊維質が豊富なので、消化にも時間がかかるので吸収さえにくく、ダイエットに効果的、とされています。また、白米よりも固いのでよく噛むこともあってお腹が膨らみやすいのだとか。だから大食いの私にはとっても良くて、このおかげで大食いをしなくて済んでいる感じなのです!

    そして、更に女性に嬉しいのは、玄米を食べることで美肌効果もある、という事。美白からむくみの解消、老化防止、ダイエットなど様々な効果があるので菅、その玄米に含まれるたんぱく質はコラーゲンの元になるもので、玄米を毎日食べることで肌のきめも細かくなり、コラーゲンが豊富に作られるので、肌の奥からふっくら弾力のある肌になるのだとか!!しかも、便秘が解消されることによって代謝もよくなるので、肌のターンオーバー(再生)がしっかり行われ、毛穴自体がしっかり閉じるようにもなるのだそう!!さらには更には、抗酸化作用で肌の劣化、老化も改善してくるので、本当に肌がきれいになるのだとか!!

    また、さっきもすこし言った老化防止、玄米の胚芽部分には白米にはない多量のビタミンEが含まれていて、また、ぬかになる部分にはリノール酸というものも含まれているらしく、これらが血行をよくして動脈硬化を防いでくれるのだとか!また、弱った性腺機能を高める働きがあるので、若さを保つのに、効果がるとも言われているのだそう!!これは早速始めるしかないですよね!!玄米食!毎日食べるお米だからこそ取り入れたい!と思います!

  • 出来事 月, 2月 3, 2014 コメントは受け付けていません。

    なんと・・・昨年、2012年の訪日外国人観光客は過去最多の1000万人越えだったそうです。最近ニュースにもなっていましたが、昨年は特に東南アジアからの来日客が多かったですよね。これは円安効果にもよるものだとか言われてもいるようなのですが・・。あとは、尖閣問題で落ち込んでいた中国からの団体旅行も回復してきたもの理由なんだとか・・・。あとは、タイヤマレーシアは7月に訪日のためのビザを免除した効果も大きい、と言われています。それに・・・近隣の韓国は北朝鮮との情勢不安、中国は大気汚染の問題の悪化もあって・・・などなど色んなことが絡んでいるような気がする・・・。

    でも、一番大きいのはきっとお金の価値ですよね。私も一昨年に新婚旅行にメキシコに行ってきましたが、物価が安いところをもちろん基準には選びましたし、その時は円高だったので思いきって踏み込むことも出来たし。だから、そうやって考えてみると、安倍政権の第一の矢の「大胆な金融緩和」によって進んだ円安はいい方向に進んだのかもしれない・・・1ドルは今や100円の価値があり、$円相場は1ドル80円以下だった昨年の11月からはかなり大幅に上昇している・・・。外人さんにしてみれば、自国の通貨が強くなり日本への旅行費用が大幅に安くなった、という事ですよね。うちの近くにある、サンリオピューロランドでは、外国人観光客はなんと前年比の5割増しで初めて営業黒字を計上するのだとか・・・今まで赤字だったことにもびっくりですが・・・(笑)

    また、ここまで外国人観光客が多くなったのは、きっと富士山の存在も大きいのじゃないかな、と思います。訪日外国人がよく尋ねるのが、東京から富士山に立ち寄り、京都や大阪に向かうコース、なんとドーデンルートとも呼ばれているらしく・・・(笑)でも、日本の経済にいい影響を及ぼしてくれるのは本当にありがたい事で・・・。日本人もこうやって外国人を迎えるにあたって、富士山をよりきれいにしようという意識が出てきたらいいな。

  • 出来事 土, 2月 1, 2014 コメントは受け付けていません。

    何ともビックリな話を聞いたのですが・・・世界の成人の約4分の3が1日の塩分推奨量の2倍近くの塩分を摂取しているというデータが出たのだとか・・成人男性・・日本でですが、男性で1日の目安は約10グラム、女性だと約8グラムが目標値とされています。でも、2倍って恐ろしいし・・・しかもこれが原因で死亡している人は世界で年間230万人もいる、ということだからこれまたビックリなのと、何だかショックなのと・・・しかも日本人だと年齢が高いほど漬物から塩分をとる割合が多いという結果も出ているそうです。

    でも、もちろん若い世代も摂り過ぎなのは変わらないのですが・・・塩分を取りすぎると何がいけないか、と言うと。長期的には高血圧や、腎疾患、心疾患などにつながるのだとか・・でも、これらは割と有名ですよね。また、塩分濃度を薄めるために水が必要なのでのどが渇き、それで今度はむくんで・・・と摂り過ぎにいいことはなし!!しかも、塩気の多い食べ物を取りすぎると若い人でも白髪が増える、というデータもあるし、なんと塩分もいびきの原因になっていることも分かっているのだそう。そのメカニズムは、この塩分濃度を薄めるために血液量が多くなっていくらしいのですが、よこになった時にそれがのどの周辺にも流れ込むため、器官が狭くなることでいびきにつながるのだとか・・・。

    また、先にも述べたように、塩分の過剰摂取が続くと常に血圧が高い状態になるため、高血圧になると考えられています。ろ過機能を十分に働かせるために自律神経が腎臓を通る血液量を増やす、血圧が高くなるのだとか・・。そして、腎臓の機能が慢性的に低下し続けることで、腎不全や、脳卒中などの心血管疾患となるリスクも高くなるのだとか・・・

    ちょっと難しくはありますが、結果、塩分の取り図義は何もいいことはない!という事ですね!!最近はやっているのはしっかり出汁をとって塩分量を控える調理方法、これをマスターするといいかもしれない・・・。

  • 出来事 木, 1月 30, 2014 コメントは受け付けていません。

    今日、生命保険の相談に行ってきました。
    最近テレビで最適な保険を選択するというような相談を宣伝しているかと思います。
    それに申し込んだので行ってきました。

    そもそも10年くらいとある生命保険会社の保険に入っているのですが、営業の人に言われるがままに入っており、内容について深く考えたことがありませんでした。
    今回相談したのは興味本位もありますが、支払っている保険料の妥当性とか、保険の内容をしっかりと理解したいと思ってのことです。
    保険相談の相手はファイナンシャルプランナーでしたが、実際のところはある保険会社の方でした。

    面談は全体で2時間くらいでしたが、最初に生命保険というものが何かをしっかりと教えてもらうことが出来ました。
    私はこんなことも知らずに10年以上も生命保険に入っていたのかと思うくらいでした。
    内容自体は初歩的で終身保険とは何か、掛け捨てとそれ以外で何が違うのかなどをわかりやすく教えてくれました。
    掛け捨てが悪いとかそういう単純なことではなく、自分が何を目的として保険に入るかを明確にすると、最適な保険プランが検討出来るというのが本当によくわかりました。

    保険の仕組みをしっかりと教えて頂いた後、現在私の入っている保険の内容をお伝えしました。
    それに対して客観的な見解を示してくれます。
    ただ、やはりその方も生命保険会社に所属している方なので、その内容の保険であれば自社ではもっと良い商品があるとのことです。

    ここで難しいのは、結局イタチごっこではありませんが、どこかの保険会社に別の保険を見せればもっといい商品があると言ってくるのだと思います。
    なので今回もどうしようかと悩んだのですが、実際に数字を示してくれたことや、今入っている保険会社が私に一度も説明してくれなかったようなこともしっかりと教えてくれたことから、保険会社を変えることにしました、
    しっかりとメリット・デメリットを教えてくれて、なぜこちらの保険を選んだ方が良いのかを数字を示して教えてくれた点が決めてでした。
    保険の相談は受けてみてもいいと思いますが、あまり良くないものを提示された際には、断れる力が必要かと思います。

  • 出来事 火, 1月 28, 2014 コメントは受け付けていません。

    「最強ヘッジファンドLTCMの興亡」という本を読みました。
    日本経済新聞出版社が出している本です。
    この本は、1998年に破綻したロングターム・キャピタル・マネジメント(略してLTCM)というヘッジファンドの歴史を綴った小説です。
    実際はアメリカで起きた話なので日本人には縁が薄い話ですが、当時は大規模な破綻ということで多くの金融機関や国まで巻き込んでの駆け引きが行われたようです。

    ヘッジファンドとは、近年は日本にもありますがお金を出資者から集めて運用し、利益を還元するというビジネスモデルです。
    このロングターム・キャピタル・マネジメントは、当時の金融業界でもトップクラスのトレーダーを集めただけではなく、後に金融工学等の分野でノーベル賞を取るような大学教授・学者をも取り込んだ最強のヘッジファンドと呼ばれていました。
    会社を立ち上げた直後から多くの出資者を募り、しかも大成功をおさめます。
    毎年の利益も想像以上であり、出資者も後を絶たない状況で業界でも圧倒的な地位を築きます。

    ところが内情としては一部の役員クラスのトレーダーによる独裁が行われており、一般社員の不満は相当溜まっていたようです。
    また、当初は完全な理論に基づいて運用されていたのですが、徐々に運用資金が大きくなりすぎたために、安定した投資先が無くなってきます。
    そこでトレーダーは社内のルールを無視してリスクの高い銘柄に発注をしたりするなど、一部個人への依存度が高くなっていきました。

    上手くいっている間は良いのですが、ルールもなく個人の裁量による運用のため、少し方向性がおかしくなると修正が出来なくなります。
    そのため、気付いた時には破綻からの回避は無理と思われる状況だったようです。

    大規模破綻ということで、世界的な金融危機の可能性もあったと言いますが、国家機関等も巻き込んで何とか影響を小さくするまでの駆け引きが生々しく描かれています。
    金融に興味のある方だけではなく、会社の経営やビジネスにおける考え方などの参考にもなると思います。
    私は面白くて3回繰り返して読みました。

  • 出来事 日, 1月 26, 2014 コメントは受け付けていません。

    今日は年に1回のちゃぴのワクチンを打ちに行きました。
    本当は毎年10月に打っているのですが、今年は10月に胃腸を悪くしたため12月になってしまいました。
    ワクチンは猫用の混合ワクチンというもので、大きな病気にかからないようにするためのものです。
    恐らく猫を飼っている人であれば、大体打っているのではないでしょうか。

    ちゃぴは以前と比べておとなしくなりました。
    以前は移動用のケースに入れて病院に向かう際には、道中ずっと鳴いていたり暴れたりしていましたが、今ではじっと丸まって静かにしています。
    鳴くこともほとんどなくなりました。
    病院まではタクシーで5分くらいなんですが、タクシーの中でも静かでした。
    過去に1度、タクシーの中でおしっこをしてしまったことがありましたが、今ではそんなこともありません。
    大人になったのかもしれませんね。

    病院でもちゃぴは静かです。
    待合室で待っているときに、診察中の猫のすごい鳴き声が聞こえてきましたが、ちゃぴは動じませんでした。
    中の猫は何をしているのかわかりませんが、鳴いているというより叫んでいる感じで人間が聞いても怖かったです。
    猫同士だと伝染しないものかと心配しましたが、意外と大丈夫でした。

    体温や聴診器での診察、問診等を終えてワクチンを打ちました。
    ワクチンは太もものあたりに打ちます。
    先生が言っていたのですが、動物は元来痛みを我慢してしまうところがあるので、成熟した犬や猫は注射を打っても騒がないことが多いそうです。
    ただ、そうは言っても怖がる子もいるので、そうなるとじっとしていなくて大変とのことでした。

    動物のワクチンは大体5000円から7000円くらいです。
    事前の診察も含めてです。
    動物の保険(生命保険や医療保険)も最近はあるみたいですが、動物病院も高いので頻繁に病気をするなら保険に入った方がいいのかもしれませんね。
    人間ですら保険に入っていない人もいるのに、動物の保険とは・・・。
    ちゃぴも少し考えようかと思います。

  • 出来事 金, 1月 24, 2014 コメントは受け付けていません。

    最近のYouTubeでは、笑えるものや楽しい映像など、個人でも様々なものをアップロードする人が増えて来ました。
    そんな中でとても感動する動画がありました。
    あるセミナーで講師の方が流したのですが、あちこちから泣く声が聞こえて来ました。
    わずか数分の動画で人をここまで感動させるというのは凄いと思います。

    私も目は潤んでいました。
    周りに人がいることもあり泣かないように頑張りましたが、一人だったら完全に泣いていたと思います。
    再生回数がかなり多いのでクチコミで広がり、見たことのある人も多いかもしれません。

    「【感動実話】 先生 可能性のない人なんていない」で検索すると出て来ます。
    動画ですが、人が出て来たりするものではありません。
    ずっと文字が流れているだけなんですが、その内容に多くの人が感動します。

    簡単に概要を書くと学校の先生のお話です。
    ある学校の先生にはあまり好きでは無い生徒がいました。
    その理由は消極的だし、見た目もパッとしないし、いつもつまらなそうにしているということでした。

    ところが、その生徒は以前はとても明るく活発だったことを知ります。
    先生は嘘だと思いますが、その後何故生徒が変わっていったのかを知ると、先生は何とかして生徒を救ってあげたいと思うようになります。
    一緒に勉強をしてあげたりすることで、その生徒は徐々に明るさを取り戻します。

    そして生徒は立派な○○になり、結婚もします。
    その節目節目で、生徒は先生にメッセージカードを送ってくれたそうです。
    毎回のメッセージカードには、当時の先生に対するお礼の言葉が書かれており、先生がいなければ今の自分は無いということが書かれていたそうです。

    本当に素晴らしいお話でした。
    生徒には不幸なことがあって、そこから性格が変わってしまったのですが、それを一人の先生との出会いで克服したのだと思います。
    そして、この動画の最後は本当に感動です。
    一気に涙が出ますので、見る時は電車とか外出先はやめましょう。

  • 出来事 水, 1月 22, 2014 コメントは受け付けていません。

    ボーナスいい響きですね(笑)世の中はもうすぐボーナスのシーズンなのでしょうか??でも、残念なことに我が家にはボーナスはないのです・・・(涙)私自身も今は仕事をしていないのですが、以前まで働いていた会社でボーナスがあったのは1社のみでした。その他は基本的にはなし(インセンティブのみ)。

    そんなボーナスですが、先日、国家公務員に冬のボーナスが支給されたそうです。総務省によると、管理職を除く行政職の平均支給額は約571800円だったそうで、去年に比べると、約6500円のアップ!!これはアベノミクス効果なのでしょうか??57万円もあったら、何しようかなー、なんて考えてしまう金額ですよね、しかも、この金額が仮に年に2回入ったらそれだけで、100万円・・・考えるだけで楽しい!!ですが、うちにはありません・・・(涙)

    国家公務員で言うと、安倍総理と、竹崎最高裁長官が一番高いようで、371万円だそう・・・羨ましい金額・・・新卒の年収以上の金額はあるのではないでしょうか・・・?旦那さんにも、このくらいの年齢になったら、このくらいのボーナスが欲しいなぁ(笑)いや、私がその時は頑張りますよ!!でも、今年は東日本大震災の復興財源を確保するために削減された影響で、平成に入ってからは2番目に低い水準だそう。ってことは、去年が一番安かったのでしょうか・・。

    公務員だけではなくて、一般企業においても、前年比を上回る所が多く、民間企業では2013年はバブル期並みの増え方とされているようです。世の中はホットな感じなんですね!!円安な日本ではありますが、自動車業が好調なようで、全体を引き上げているようです!!っていう事は、やっぱり落ち込んでいる所もあるのでしょうか・・。

    このバーナスと言うのは、元々は一時金としての支給という形で各企業が行っていたようなのですが、そのうちに夏と冬の年2回のボーナス支給として定着したようです。・・・やっぱりうきうきしますよね、もし今後また働くことがあれば、こういったボーナス制度があるところがいいなー、と思います。

  • 出来事 月, 1月 20, 2014 コメントは受け付けていません。

    フランス人の印象ってみなさんはどういったものがありますか??私は、偏見かもしれませんが、ヨーロッパの方の男性は、とても陽気でフレンドリーで、そして、チャラい(笑)という印象がありました(決して悪い意味ではなくて(笑))でも、先日、フランス人のし好に関する記事を読んだ時に、フランス人の考え方をとても好きになりました。よく考えてみると、それが普通の感覚だよな、と日本人はやけに角ばっているというか、枠にはまっていながらも流されているようなそんな感じがしました。

    ある日本人が、フランス人とバーに行ったようなのですが、その時に「日本人はなんで初対面の人に職種を聞くのか?米英独仏だともっとその人、本人の周りの事についてきくし、仕事のことなんてもっと仲良くなってから聞くよ、でも日本人は誰もが最初に「シゴト、シゴト」という」と言われたそうです。確かに日本人同士だと、ほぼ確実に、と言っていい程、初対面の人に「どんな仕事をしているのですか?」って聞きますよね。特に話題の一つと思って聞いていたのですが、確かにもっと仲良くなりたいのであれば、その人の根本的な所が知れる部分を先に聞くべきなのかもしれない、と思いました。

    また、フランスであった日本関係のイベントの際の話ですが、七夕のイベントをフランスで行ったらしいです。その際に七夕の笹飾りをフランスで飾り、短冊に願いを書いてもらうはずだったのですが・・・「願いを書いてください」と言って渡した短冊には、「現状に満足しています」と書いている人がとても多かったそうです。

    これは、フランス人が向上心がない、とかではなくて、現状を満足できるように生きている、毎日を大切に生きている証拠なのではないのかな、と思いました。だから、フランス人はとっても明るく感じるし、楽しく感じる。そういった所につながってくるのかな、と!そうやって考えてみると当り前のような感じがしますが、大事な感覚だな、と思いました。

最近のコメント

    カテゴリー