• 出来事 土, 2月 1, 2014

    何ともビックリな話を聞いたのですが・・・世界の成人の約4分の3が1日の塩分推奨量の2倍近くの塩分を摂取しているというデータが出たのだとか・・成人男性・・日本でですが、男性で1日の目安は約10グラム、女性だと約8グラムが目標値とされています。でも、2倍って恐ろしいし・・・しかもこれが原因で死亡している人は世界で年間230万人もいる、ということだからこれまたビックリなのと、何だかショックなのと・・・しかも日本人だと年齢が高いほど漬物から塩分をとる割合が多いという結果も出ているそうです。

    でも、もちろん若い世代も摂り過ぎなのは変わらないのですが・・・塩分を取りすぎると何がいけないか、と言うと。長期的には高血圧や、腎疾患、心疾患などにつながるのだとか・・でも、これらは割と有名ですよね。また、塩分濃度を薄めるために水が必要なのでのどが渇き、それで今度はむくんで・・・と摂り過ぎにいいことはなし!!しかも、塩気の多い食べ物を取りすぎると若い人でも白髪が増える、というデータもあるし、なんと塩分もいびきの原因になっていることも分かっているのだそう。そのメカニズムは、この塩分濃度を薄めるために血液量が多くなっていくらしいのですが、よこになった時にそれがのどの周辺にも流れ込むため、器官が狭くなることでいびきにつながるのだとか・・・。

    また、先にも述べたように、塩分の過剰摂取が続くと常に血圧が高い状態になるため、高血圧になると考えられています。ろ過機能を十分に働かせるために自律神経が腎臓を通る血液量を増やす、血圧が高くなるのだとか・・。そして、腎臓の機能が慢性的に低下し続けることで、腎不全や、脳卒中などの心血管疾患となるリスクも高くなるのだとか・・・

    ちょっと難しくはありますが、結果、塩分の取り図義は何もいいことはない!という事ですね!!最近はやっているのはしっかり出汁をとって塩分量を控える調理方法、これをマスターするといいかもしれない・・・。

    Posted by admin @ 5:22 PM for 出来事 |

    現在、コメントフォームは閉鎖中です。

最近のコメント

    カテゴリー