• 出来事 木, 3月 15, 2012 コメントは受け付けていません。

    昨日の晩御飯は豚丼にする予定で材料買ってたけど、
    旦那が日曜日に豚丼を食べたらしいので急遽、メニュー変更で豚肉のスタミナ炒めにしました。

    豚丼食べたいって聞いた時には、すでに玉ねぎも切って準備したあとだったので・・・。
    常備しているニンニクを1玉分、千切りにして油で炒めて、
    そのあとに玉ねぎと豚肉を炒めて、火が通った頃に少しだけお酒を加えて炒めます。
    それで汁気が飛んだらいいんですが、
    汁気が残っているときは、キッチンペーパーで汁気を拭きます。
    お酒が残っていて汁っぽいならいいけど、
    豚肉の汁気だと臭いかな?って私は、思うので拭き取ってから味付けしています。
    その方が調味料も少しで済むし経済的!塩コショウをかけてニンニク醤油を加え少し炒めて完成です。

    生姜があれば、チューブのやつなら味付けをするときに加えて、生の生姜なら千切りにして、
    ニンニクを炒めるときに一緒に炒めると風味もよくなるし風邪予防にいいのでオススメです。

    小さい子供がいると風邪ひいてられないので、
    風邪が流行る冬場は、ニンニクと生姜を使ったメニューをよく作ります。
    生姜は、値段が高かったり安かったりと差が激しいけど、
    ニンニクは意外と安いのでいつも冷蔵庫に入っています。

    あんまり料理に使わなくて余ってるなと思った時は、
    ニンニクの皮を剥いて油をひかないでフライパンで少し炒めて、
    醤油につけてニンニク醤油を作ってます。

    163

    醤油につけたニンニクは、刻んで料理に加えたりできるし、
    疲れてる時にそのまま食べたりしています。

  • 出来事 木, 3月 1, 2012 コメントは受け付けていません。

    私のおじいちゃんと、おばあちゃんは現在二人暮らしです。
    もう70歳を過ぎた高齢です。
    いつも仲がいいんだか悪いんだか、喧嘩もたえませんが。
    喧嘩するほど仲がいいってレベルです。

    おじいちゃんは神経質で亭主関白の完璧主義だから、それに虐げられて長年ついてきたおばあちゃんは不満がたまっているんですよね。

    そんなおばあちゃんの様子が最近ちょっとおかしいと、おじいちゃんから電話。
    ボケが入ってきているのでは?と。
    慌てて家族みんんなでおばあちゃんの様子を伺いに。

    はじめは、物忘れがひどいのかなと言った感じでしたが、だんだんとこれまでおじいちゃんのせいになんかした事のなかったおばあちゃんが、自分の物忘れをおじいちゃんのせいにして、おじいちゃんを責めるようになりました。
    何かがおかしいと思い始めたおじいちゃん。
    するとある日、おばあちゃんがおかしな事を言うように。
    また、誰もいない部屋で一人で会話しています。
    おばあちゃん曰く、何かが見えるのだと。
    おじいちゃんには何も見えないその相手と楽しそうに話しているおばあちゃん。
    霊的なものかとも思ったが、これはいけないと感じたおじいちゃんは色々な病院をまわって調べてもらった。

    その結果「せん妄」と言う病気だと分かった。

    普通の人の目に見えないものが見えると言った病気で、その見える物が霊的なものではなく「脳の病気」で、認知症のひとつともされているらしい。
    おばあちゃんには本当に何かが見えていて、毎日一人でおしゃべりをするようになった。

    今日は子供(赤ちゃん)とその家族で、赤ちゃんをお世話したり抱かせてもらったりしている。
    おばあちゃんに、「知らない人と話をして怖くないの?」って聞くと、その人たちには名前もあると教えてくれました。そして「この人たちはとてもいい人たちなの。だから逆に、おばあちゃんは寂しくなくて楽しいよ」って言うんです。

    おじいちゃんは、おばあちゃんの介護を決意。
    誰にも頼らず「自分が看る」とききません。
    これから、老々介護がはじまるのです…
    ちょっと心配ですが、私も出来るだけお手伝いしようと決めました。

最近のコメント

    カテゴリー